住み慣れた環境で見つけた土地に建てた、こだわりが詰まったマイホーム

K様邸/神奈川県横浜市

娘が同年代の子と一緒に遊べる場所に住むのが理想でした

まだ幼い娘さんと3人暮らしをされているK様ご家族。
共働きのご夫婦が、こだわりのマイホームを建てられました。

「結婚してからはアパートに3年ほど住んでいました。娘が生まれ、少し狭くなってきたので家探しを始めたんです。また新しく賃貸に引っ越すよりも、自分たちの持ち家になるほうがいいよね、ってことで、土地探しからスタートしました」
門柱や外構にもご夫婦らしいこだわりが。リビングの開放感を失わないルーバーの目隠しの脇には、新築時に植えたシンボルツリー。
最初は不動産情報サイトを頼りに探していたK様。
 
もともと住んでいた隣駅から奥様のご実家が近いので、あまり離れていない方がいいということと、
駅近などの便利さを重視して探していましたが、そうするとどんどん土地代が高くなる…。
大手の不動産会社に紹介された土地を見に行ったりもしましたが、なかなかいい場所が見つけられませんでした。
そんなときに、奥様の提案で近所の不動産会社にも探してもらうことに。
すると…なんと新しく相談した不動産会社がまず最初に案内してくれたのがこの土地だったんだそう。
初めて案内された土地ではありましたが、「もうここしかない!」という思いで決めたと旦那様。
「もともと住んでいた地域だったこともありますが、妻の実家からの距離も近いという条件をクリアしていましたし、
スーパーや警察署、区役所などの生活に必要な施設が周囲にあるのがとても便利。ここから離れるのは避けたいな、という気持ちもありましたね」
人見知りしないけど、じっとしてもいられないお年頃です。
娘さんのスペースにはたくさんの木のおもちゃ。なんと、サブスクなんだそう。
ご家族の思い出が、家の中のあちこちにさりげなく飾られています。
小物一つひとつまで気に入っていることがひと目でわかる、素敵なものばかり。

きちんと話し合い、折衷案を取り入れてスムーズに進んだ家づくり

そうして無事に土地が決まったところで、M-HOUSEと出会いました。
案内してくれた不動産会社は仲介会社で、土地を持っていたのはM-HOUSE。ここからM-HOUSEの担当の方とのお付き合いが始まりましたが、予算のことなど、こちらが不安な部分にしっかり向き合ってくださると感じ安心しました。そうして、設計士さんとの打ち合わせが始まり、書斎が欲しい、リビングイン階段がいい、シューズクローゼットは絶対欲しい、大きなベランダも…など、どんどんと夢は膨らんでいったと旦那様は話します。

「とは言っても、やはり限られた範囲で建てなくてはいけないので、気持ちを切り替え、残すこと、諦めることについて考えました。
これから子供が成長していくにつれ物が増えていくことを考えて、収納スペースをたくさん作ってもらう、というのを一番にお願いしました」

奥様は大まかな家のイメージは特になく、最初から収納などの機能面を重視して考えていたと言います。

「もちろんできないこともあったので、落ち込んだりすることもありました。お互い趣味も違うので(笑)」と旦那様。
家具や家電はさりげなくウォールナット色×黒に統一してあるのもポイント。
お料理好きな旦那様が夕ご飯をつくることも多いそう。
たっぷりの収納を上手に使い、整理整頓が行き届いた水回り。
建具まで全部自分たちの好みにできる家づくりは楽しかったそう。

設計士としっかり相談することで、こだわりの家が実現できた

では具体的にこだわったポイントは?
書斎兼自分の部屋が欲しかった旦那様は、寝室のクローゼットの一部を大好きな漫画を読むためのスペースに。
「買い物が好き」という奥様は、2階の寝室に大きなウォークインクローゼットを設置しました。ファッションが大好きな奥様のために、玄関横には大きなシューズクローゼットもあります。
そのほかにもたくさんのこだわりが垣間見えるK様邸。
室内の壁の色はグレーとネイビーを使ったシックな印象にまとめているのが特徴。
また、2階の寝室のクローゼット上にはロフトがあったり、システムキッチンを標準より少し高くしてもらい、キッチンはふたりが並んでも十分なスペースを取りました。
ロフトから見下ろした寝室。実は寝室を一番いい空間にしたかった、とおっしゃるだけあって、おふたりの「好き」が思い切り詰まっています。
奥様のこだわり、広くて整理しやすいウォークインクローゼット。
旦那様のこだわり、自分専用の漫画スペース。
柄on柄でインテリアをまとめるのは、かなりの上級者!
漫画スペースには、思い出を飾るギャラリーも。
中でも玄関スペースは奥様のこだわりがギュッと詰まっています。

「玄関ホールのヘリンボーン床は、Instagramで見つけてどこかに絶対に取り入れたかったんです。また玄関の照明も、ネットで見つけたものを大工さんに付けていただきました。小さいスペースでもいいから実現したかったので、とても嬉しいんです」と奥様。
また、リビングイン階段下のスペースは、将来的には娘さんの学習スペースになるよう設置。キッチンから見える場所でできるのがいい、ということで作り付けてもらったそう。
現在はご夫婦のワーキングスペースとして活用されているんだとか。
ブルーの玄関タイル+ヘリンボーンの床。
コートもベビーカーもしまえる、大容量のシューズクローク。
玄関を入ってすぐにある飾り棚に、お客様へのメッセージ。
リビング階段下を利用した書斎は、将来的には娘さんのために。
そしてダイニングテーブルを挟んだ奥には、可動式の間仕切りがついたコンパクトな和室も。

「今は子供が遊ぶスペースとして使っていますが、マットを取ると畳敷きの和室になります。将来私たちが歳を重ねて階段が辛くなったときには、ここに布団を敷いて寝ることまで考えて作りました」と旦那様。

おふたりのこだわりをしっかりと取り入れながらも、先々のことまできちんと考えて作られたK様のマイホーム。
娘さんの成長とともに、まだまだ家づくりは続きます。これからもいろんな表情を見せてくれそうです。
可動式の間仕切りがついたコンパクトな和室。間仕切りを全部開放でき、床にはレールがないようにしたかった、と、ここにもこだわりが見えます。
ふだんは娘さんの遊び場。今日は特別に扉を閉めてもらいました。
お客様が来た時など、ゆっくり泊まってもらえる空間に。
遊び心やオリジナルの工夫があふれた大好きな空間で、ご家族らしい暮らしを楽しんでいます。

Q&Aお客様に聞きました

家づくりの過程で印象に残っていることは何ですか?
ふんわりとイメージを伝えるのではなく、Instagramで検索した画像を元に、『こんな風にできませんか?』と相談していました。担当いただいた設計士さんがこちらの依頼を最大限に考えて、できる限り実現してくださる方だったので、とにかくやりたいことを全部相談しました。そうすると予算内でできるのか別料金がどのくらいかかるか、などをその場ですぐに判断して教えてくれたので、安心して相談できたのが良かったです。
例えば、ロフトは後付けなんですが、設計がある程度進んだ段階でどうにか作ることできないかと相談したんですが、きちんと考えてくださり実現できました。
新しく家づくりをしたい方にアドバイスをお願いします。
印象に残っていることと重複する部分もありますが、最初から予算がないから諦めようとは考えなくていいと思います。とにかく相談をすることが大切ですね。M-HOUSEのスタッフさん、設計士さんは、ちょっと予算的に手が届かないかも…という場合でも、予算内で出来るように別のものを考えてくれたり、こんな見せ方もあるよと提案してくださいます。
ただ、言うだけではなくこちら側が事前にきちんと調べておくことが大事です。情報があった方が設計士さんも判断がしやすくなりますから。私たちがそうやって家づくりを進めたことで、設計士さんともよいコミュニケーションが取れ、理想の家づくりが実現できたと思っています。

オーダーマッチ住宅

DATA

  • 建築場所
    神奈川県横浜市
    家族構成
    夫婦+子ども1人
  • 敷地面積
    100.50㎡(約29.4坪)
    建物面積
    56.60㎡(約15.12坪)
  • 1階床面積
    54.65㎡(約14.53坪)
    2階床面積
    45.85㎡(約12.86坪)

お客様の声一覧に戻る